湯道百選

05
石川・山代温泉

あらや滔々庵

ARAYA-TOTOAN

湯は、才能を覚醒させる。


大正4(1915)年の秋、文化人で賑わう山代温泉に、金沢の茶人・細野燕台が福田大観と名乗る一人の若い書家を連れてきた。類稀なる才能に温泉の旦那衆たちは惚れ込み、様々な仕事を与えた。当時、熱心に福田を世話していた旦那の一人が、名宿「あらや滔々庵」の十五代目主人であった。十五代が発注した宿の刻字看板は、十八代に引き継がれた今日も玄関で旅人を迎えている。その作者の福田大観は、まさにこの山代温泉で九谷焼の名工・初代須田青華と出逢ったことで陶芸に目覚め、さらに料理への造詣を深めて、後に北大路魯山人と名乗るようになるのである。
開湯1300年。湧き出す湯量は一日およそ10万リットル。すでに大正時代、ドイツで開催された万国鉱泉博覧会で山代温泉は金賞を受賞し、誰もが一目置く銘泉としてその名を世界に知らしめていた。魯山人がこの地に逗留したのは、そんな湯の魅力に惹かれたことも一因なのかもしれない。
私は毎年、冬が訪れると「あらや滔々庵」が恋しくなる。加賀の前田家に湯番頭として仕えた“荒屋源右衛門”が宿を開いて800年。十八代目主人・永井隆幸氏の伝統と変革のバランスが素晴らしい。そして湯はもちろんのこと、この宿で供されるズワイガニがたまらなく旨い。しかも器は、さりげなく魯山人だったりする。
贅沢な美味のひとときに酔いしれ、悠久の時を刻む湯に浸かる。すると不思議なことに、美に対する感覚が研ぎ澄まされ、自分の中に眠っていた感性が目を覚まし始める気がしてくる。魯山人の才能を覚醒させた湯は、今もここで滔々と湧き続けているのだ。


Text by Kundo Koyama
Photographs by Alex Muton