湯道百選

59
広島・尾道市

yubune

湯は、旅人と住人を結ぶ。


「豊かさの再解釈」……。アマンの創業者であるエイドリアン・ゼッカ氏はそう定義して、広島県尾道市の生口島いくちじまに自身初となる旅館「Azumi Setoda」をつくった。明治期の屋敷に手を加えたのは、六角屋の三浦史朗氏。家庭的なもてなしの拡張を目指すこの宿には、新しいラグジュアリーのお手本が詰まっている。しかし特筆すべきは、隣に「yubune」と名付けた銭湯を併設した点にある。これまでラグジュアリーとは、それに見合わない価値を遮断してきた。宿で言うなら、一歩足を踏み入れた瞬間から外には出たくないと思わせる施設……。
ここは違う。銭湯という街に開かれた場を設けたことで、旅館の宿泊客は地元の人々と繋がることができる。しかも裸の付き合いだから、その絆は深い。銭湯の開業を誰よりも喜んだのは、この街に暮らす人々だった。誰か特別な人だけではなく、立場の違う人々の幸せを同時に創造する力こそ、ラグジュアリーの真骨頂なのだ。

手前の白い建物が旅館「Azumi Setoda」。その向かいの黒い建物が宿泊客だけではなく地域の人にも開かれた銭湯「yubune」。

さて肝心の銭湯は、お見事のひと言に尽きる。芸術家の作品をちりばめた内装、職人の技を惜しげもなく投じた調度品。外気浴を楽しむため、サウナは屋外に配置。浴槽は4つ。ぬるめ、熱めの浴槽に水風呂、そして変わり湯。この日は、島名産の新鮮なレモンが籠に山盛り用意されていた。


レモンの湯で身体を温め、散歩に出る。海風に惹かれて小さな港へ。穏やかな瀬戸内の海に沈む夕日を見ていると、町の人に声をかけられた。湯上がりの幸せは、レモンの香りがした。


Text by Kundo Koyama
Photographs by Kei Sugimoto

yubune

  • 〒722-2411 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田269
  • TEL : 0845-23-7911
  • URL : https://azumi.co/yubune
  • 営業時間:10:00 〜 20:00
    利用料金(銭湯):宿泊者:無料 大人:900円 子供:450円(税・サ込)
    ※回数券割引あり
    ※GW、8月、年末年始は、特別料金設定
    利用料金(宿泊):¥22,000~(1泊1室、銭湯入浴料・朝食込、サービス料別)

広島空港からクルマで1時間、世界的なサイクリングロード『しまなみ海道』の途中に位置する人口約9000人の生口島。Azumi Setodaの宿泊者はもちろん、地元の人も利用する銭湯。yubuneの2階は宿泊施設も兼ね備えており、畳敷のリビングを備えた客室は、サイクリストや家族連れが快適に過ごせるよう工夫されている。